FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

あけおめと鶴見とヒロ

明けました!

2015年、本年もみなみなさま当岩沢酒店をご贔屓に!

正月ボケも覚めやらぬかたもおられるかもしれませんが、新年早々一層気を引き締めて・・・




・・・っておそっ!?



え、2月?え、まぢですか。も、もう2月?

・・・ゲッフンゲッフン。

いやぁ、しかしもう新年2月ですか。

1年というのは本当にあっという間。

それはさておき、冬の風物詩といったら何ですかな?

各地方色々あるでしょうが

生まれも育ちも取手の身としては、なんかこう

風物詩と言われてもいまいち思い浮かばない私。

これが都会だったら街を埋め尽くすイルミネーションだとか。

山奥ですと山肌の雪化粧ですとか。

あるのでしょうがねぇ。

とある地方では、鶴が毎年飛来するのが風物詩だったそうです。

シベリアからはるばる飛んできてるのもいたそうな。

そんな鶴を見ながら一杯・・・。今日はそんなご紹介。
turumi720.jpg
「本格芋焼酎 鶴見 900ml」

鹿児島は薩摩焼酎の老舗、大石酒造様の一品。

明治創業の、地元に根付いた伝統ある蔵だそうです。

そこの初代蔵主「大石長次郎」氏がまさに鶴をみながら一杯やりつつ名づけたのがこちらです。

岩沢酒店にも鶴が飛来、というわけですよフォフォ。

どこかフルーティーな厚みのある芳醇な香り。

口に含むと、まず全面にでてくるのは甘さ。

柑橘系の果実を噛み砕いてるような甘さと、濃い旨み。

後味はしつこくないのですが、思わずもう一杯と余韻を感じさせます。

冬の寒さのなか、お湯わりで頂くのもオツですの、フォフォ。

これが取手、いや岩沢酒店の新たな冬の風物詩となるやもしれませんぞ・・・・?

スポンサーサイト



PageTop

鍛高譚とヒロ。

お久しぶりです、ヒロです。

随分御無沙汰になっていまいましたが

落ち込むこともあるけどわたしは元気です(魔女の宅急便風)

・・・ゴホン。

近況もそこそこに、早速いってみましょう、コチラッ。
tantaka720.jpg
「しそ焼酎 鍛高譚 720ml」

北海道の大自然が育んだ良質のしそと名水で仕上げたしそ焼酎。

タンタカターン

タタタタンタカターン

と意味もなく口ずさんでしまう小気味よいネーミング。

女性にも飲みやすい爽やかさと甘酸っぱい口当たり、焼酎好きも納得の飲み応えが特徴。

ようは誰が飲んでも美味しいっちゅーことですな、ハハハ。

・・・しかし、博識な方なら気づかれたかもしれませんが

麦や米とちがい、しそというものは糖分がないので、発酵させてもアルコールは生成しません。

では出来上がった焼酎にしそを漬け込んでいる?

いえいえ、それだとそもそも焼酎ではなくリキュールになってしまいます。

となると・・・しそ焼酎とはいったいどんなものなのか。

・・・!!

謎は解けた!

じっちゃんの名にかけて!

・・・あー。

金田一少年ドラマはいつの時代もジャニーズのイケメンさんが演じるのですな(遠い目)

それはさておき。

謎ときをしますと

「鍛高譚」の原材料は糖蜜やデーツ(ナツメヤシの実)等。

それらを発酵させる際、しそを加えるのです。

しそ自体がアルコールを生み出すわけではありませんが、そうするとしその風味豊かな「焼酎」として仕上がるのです。

女性にも焼酎好きな方にもおすすめできる北海道の銘酒「鍛高譚」

北国の味わいを、この夏、いかが?











PageTop

日南海岸とヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

突然ですが、私は

海の青と、空の青の違いで涙する男ーー。

どうも、福山ヒロです。

いたいいたいいたい石を投げないでいたいたいたたたた。

・・・ゴホン。冗談はさておき

青い海の季節も過ぎ去りし昨今。

しかーし、だからこそご紹介するのはこちら。
写真 (1)
「宮崎いも焼酎 日南海岸 35度 720ml」

かんろシリーズでお馴染みの宮崎県は京屋酒造様の一品。

京屋酒造様は宮崎県日南市にありまして

日南海岸とは日南市内の一大名所。

青い海。広がる空。

そしてカツオの一本釣り業水揚げ日本一。

その名所の名を冠したのがこちらなわけでございます。

かめ壷がいれらている箱は、まさにブルーを基調とした海岸模様が描かれています。

私は空と海の青さの違いで涙を・・・

ゲッフンゲッフン、・・・えー。

宮崎県産の黄金千貫(コガネセンガン)を原料に、原酒は京屋酒造様の甘露を使用。

コクのある味わい深いお味に仕上がってます。

35度という度数の高さですが、クセは少なく飲み辛い印象はありません。

割っても、ロックでも楽しみ頂けると思いますぞー。

PageTop

さつま島美人とヒロ。

イヤッホゥ、ヒロです。

今は終売となっていますが

六蔵七杜氏という泡盛があります。

文字通り、6つの蔵とそれぞれを代表する7人の杜氏たちが結集し

それぞれの自慢の泡盛をブレンドした夢の泡盛であります。

終売ということで、もう入荷はないのですが在庫は当店にございますので

気になった方は是非当店に。

・・・それはさておき、今日ご紹介するのは別なこちら。
WP_001581.jpg
「さつま島美人 25度 900ml」

鹿児島県の最北に位置する長島。

長島には5つの蔵元があり、その5つが共同で設立したのが長島研醸。

その長島研醸プレゼンツのこちら、さつま島美人。

5つの蔵元が作る「さつま島美人」をブレンドして作られる、鹿児島で最も人気のある焼酎です。

5つの蔵元が「さつま島美人」を作る??とクエスチョンマークが浮かんだ方もいらっしゃると思いますが

実際に地元の品評会では5つの蔵元それぞれの「さつま島美人」が出展されるという珍事?がおきているそうです。

全国的に出回っているのはその5つを黄金の比率でブレンドしたスーパー合体「さつま島美人」なわけですな。

芋の香りや風味はどちらかというと控えめ。飲み口はやさしく、どんどんいけてしまいます。

ほんのりとした甘さと、主張しすぎない芋の旨み。

芋焼酎が苦手という方にもお試しいただきたいですな。

・・・ちなみに何故冒頭に六蔵七杜氏の話を持ち出したのかは、今更ご説明するまでもないと思いますが

こういう夢のコラボみたいな話はもっと増えてもよい気はしますな。

「里の曙」と「悪太郎」が夢のコラボ!

その名も「里の曙太郎」!なんちゃって

あ、やめて石を投げないでいたいいたいたいたたたた




PageTop

千鶴とヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

「私は、神。」

「暇を持て余した神々の遊び。」

・・・なーんてコントがありましたが

神は神でも鹿児島でもっとも歴史ある蔵のひとつ

神酒造(かみしゅぞう)様が世に送り出す一品がこちら。
WP_001397.jpg
「古の千鶴 25度 720ml」

蔵ができた当時

地元の人々はすべからく神酒造様の「千鶴」を愛飲したもの。

この「古の千鶴」は

そのいにしえの時代の千鶴を復刻したもの。

名のとおり、「古の千鶴」なのでありますな。

黒麹とコガネセンガンを原料に、仕込みは甕つぼ仕込み。

芋の風味を存分に引き出す黄金のパターンと言えましょう。

さらにタンクで3年寝かせてから出荷しています。

濃厚な旨みに、力強いコク。

古酒にしては新酒のようなパワフルさも合わせもっています。

黒麹ならではのピリッと舌を刺激する辛みは、お湯で割るとマイルドに飲みやすくなってオススメ。

お食事とよく合いそうです。

「神」の焼酎がいかほどか、お試しいただいては!??





PageTop