FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

カリラとヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

日本人であれば大抵食せるであろう納豆。

外人さんはやはり苦手な方が多いようですね。

ねちょっと糸を引いてる見た目もあると思いますが

臭いが嫌なようです。

私なんか特に何にも感じませんけどねぇ。

しかし「臭いけどウマい」なんてものは日本だけじゃなく世界中にあるものでして。

例えばブルーチーズとかね。

そしてもちろんお酒だって。
WP_001658.jpg
「カリラ 700ml」

イギリスはアイラ島。

アイラモルトとして有名なウイスキーの産地であります。

スモーキーフレーバーが特に強いことでも有名ですが

こちらは「アイラウイスキーの中では」それほどクセがないほう。

とはいえ、スモーキーでバニラ香を感じる独特の香りは健在。

飲み口もきつくなく、辛さと甘みの程よいバランス。

アイラウィスキーの入門用としては最適ではないですかな。

泡盛もはじめて飲む方はにおいに戸惑うといいますが

ようは慣れでありますね。慣れてしまえばかえって心地よくなるもの。

そのきっかけを作ってくれるお酒として、よいお酒だと思いますぞー。



スポンサーサイト



PageTop

メーカーズとヒロ。

は~る~よ~遠いは~るよ~

瞼~を閉じればそこに~

おこんちわ、松任谷ヒロです。

突然ですが、冬小麦というものをご存知でしょうか。

初秋に種を巻き、冬を越えて初夏に収穫する小麦のことです。

ウイスキー造りに一般に使う小麦はライ麦でありますが・・・こちら。
WP_001229.jpg
「メーカーズマーク レッドトップ 750ml」

バーボンウイスキーの名作。

品質安定のために、一家ぐるみの少数にて少量生産というスタンスをかたくなに貫くケンタッキー州の小さな蒸留所。

手作り生産の証である、手作業による真っ赤な封蝋がレッドキャップの名の由来です。

一般的なライ麦と違い、冬小麦を使うこちら。

生産者は、ブランド立ち上げ時に色んな小麦をパンにしてみたそうです。

そして、ライ麦より冬小麦のほうがまろやかな味になるのを発見。

それをそのままウイスキーにトレース。

実際この「メーカーズマーク」はクセものの多いバーボンウイスキーとしては驚くほど飲みやすく

小麦の甘い香りと口当たりのよさが特徴。

地元では一番愛飲されているウイスキーだそうです。

ウイスキー入門用としてならず、元々お好きな方にももちろんオススメであります。

ちなみに、現地では蒸留所見学ツアーなども積極的に行われているそうです。

酒屋として、これは一度暇を作ってお邪魔しなくては!

べ、べつにアメリカ旅行がしたいわけじゃないんだから!(ツンデレ風)


ブログランキング参戦中(^O^)/
おねだりクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村



PageTop

マッカランとヒロ。

まっかに燃えた~太陽だ~から~

ま~なつのう~みは~恋の季節なの~

おこんちわ、美空ヒロです。

今日ご紹介するのはコッチッラッッ。
WP_001162.jpg
「マッカラン 12年 40度 700ml」

まっかに燃えた~まっかにまっからマッカラン


ゴウッフン!


あ、蝶々・・・。

私今何か言いましたでしょうか、いや何も言ってないはずですハハハ。

あ、そうそうマッカランのご紹介でしたな。

スコッチウイスキーの名作であり

イギリスの有名誌で「シングルモルトのロールスロイス」とも称される一品。

そのゆえんは、徹底したこだわりの作りにあります。

厳選した大麦、地元の自然濾過された綺麗な泉水。

これを元にイースト菌でじっくり発酵。

これを2度の工程にわけた丁寧な蒸留にて原酒を作りますが

蒸留後の液から原酒として仕込まれるのは全蒸留液のなかで16%前後だそうな。

蒸留後最初と最後にでてくる液は旨み成分が少ないため、「マッカラン」として選ばれることはありまん。

この選び抜かれた原酒を、これまた厳選された自社森林の木から作り、

シェリー酒を3年寝かした樫樽にてゆっくり熟成。

こうして生まれるのがシングルモルトのロールスロイス、「マッカラン」。

職人達の徹底的なこだわりと匠の技があってはじめて作りあげられるのです。

シェリーオーク樽ならではの甘い樫の香り。

ピリっと引き締まった舌に刺さる重厚な味わい。

うーむ。

どおりでうまいわけです。

美空ひばりさんもそりゃ歌にしたくなりますって(違)。

ブログランキング参戦中(^O^)/
おねだりクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop

余市とヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

凍えるこの季節、さらに寒いところから熱い魂で届けられるのがこちら。
WP_000949_20130130153653.jpg
「シングルモルト 余市 12年 700ml」

北海道は余市町の、余市蒸留所。

ニッカウイスキーの発祥の地であるそこは

ガス燃料を用いた機械化された蒸留が一般的なこの近代において

頑なに石炭直火蒸留を続けるこだわりの蒸留所。

最初は熱く、あとはトロトロに

職人の手によりウイスキーの蒸留に最適な火加減を調整され、仕上げられるウイスキー。

濃厚な香り、厚みがあり旨みの行き届いたパワフルな味。

職人さんが顔真っ黒にして仕上げてくれたこの重厚なウイスキー

腰をすえてじっくり楽しみたいものです。

ブログランキング参戦中(^O^)/
お情けクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop

クラウンとヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

雪が降るといいつつ雨が降り、むしろ先の大雪で道路際にまだ残っていた雪が溶けてくれた今日この頃。

降雪のピークは2月中旬だそうで、まだまだ気はぬけませんが。

それはそれとして、はてさて。

今日は「クラウンローヤル」のご紹介です。

トヨタを代表する車種であり、量販車としては最上クラスのモデルとして君臨しており、
またその信頼のおける耐久性の高さからタクシー、ハイヤー、教習車などにも使わ・・




なんでやねん(>_<)



そうでなくて、カナディアンウイスキー「クラウンローヤル」のご紹介です。
WP_000924.jpg
カナディアンウイスキーらしく控えめな香り、すっきりとした風味。

主張しすぎない個性から、カナディアンウイスキーはカクテル等に合わせるのが最適といわれてますが

こちら「クラウンローヤル」はピンで頂いても、さっぱりした中にまろやかなコクと
しっかりした飲み応えがあり、十分楽しめます。

水割りでも。炭酸をあわせてハイボールにも。

余談ですが、「クラウンローヤル」というその何だか上品な名前。

元々はイギリスの国王様がはじめてカナダにやってきたときに贈呈品とするために造られたんだそうな。

最初はそんなプレミアムウィスキーだったのですが

市場の大きな声に後押しされ一般販売されるようになり、今では世界中で愛飲されてます。


高級感の漂う王冠を象ったというボトルの風格がお見事でありますが

お値段はお手ごろ。

庶民的な王様なのでございます。

あなたもご自宅で王の楽しみを享受されるのはいかがかな?


ぽちっとな!!
にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop