FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

震災とヒロ。

こんばんは。

ヒロです。


未曾有の大災害から、

早10日あまり・・・。


震災当日は、配達の帰りで車に乗ってまして、

地面ごと大きくぐらぐらと揺れるような地震でしたので、

私も前の車も後ろの車も、みなブレーキを踏んで止まりました。

車のってると大抵地震に気づかずに、

後から知って「えっ」とか思ったりするものですが・・・。

電柱も、交差点横の洋服の青山の看板も、

横殴りにぐらぐらと揺れてました。


お店に戻ると、

お店は酷い惨状になってました。

blog1103022b.jpg

酒屋だけに棚に裸のお酒の瓶を一杯陳列していましたので、

相当数が落ちて割れ、

床はアルコールの海と瓶の破片で埋め尽くされていました。

棚ごと倒れたところもありましたが、

裏棚であり狭い空間ということもあってストッパーが効き、

横倒しとまではなりませんでした。

商品棚は棚同士や壁にバンドで固定してあったので、

将棋倒しという事態は避けれたのは、

不幸中の幸いでしょうか。

blog1103022a.jpg

当日は、

うちは酒屋だし随分被害こうむっちゃったな!

片付けが大変だ!ぐらいに思っていたのですが・・・。

その後、ニュースで次々明らかになってゆく各地の甚大な被害。

町を丸ごと呑み込んだ津波。

いまだ続く原発の危機。

石油、灯油、電気、エネルギーの不足。

10日あまりたっても先がみえないような状態が続いてますが・・・。

ほぼ日常をおくれている私達が、弱音なんかはいてられません。

焼け野原から経済大国に成長したかつての日本。

原発問題も、深刻な被災地の方々にも、

私達にできることは小さなことしかないかもしれません。

でも、

落ち着いたらきっと、みんなで日本を強くしていきましょう。

いち早く日常に戻れてる、私達がすべきことだと思います。


自分たちのためでも構わないと思います。

一生懸命働いて、経済が潤えば、

きっと、みんなに反映されます。

それでいいと思うのです。

帰る家や大事なものを失った深刻な被害にあわれてる方々が、

一秒でも早く日常を取り戻せますよう心より祈ってます。

私達にできることからはじめましょう。

がんばれ日本!前を向いて。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

3と11。

3月11日。

私たちにとって

忘れられない、

忘れてはいけない日となりました。


現時点でも

大勢の方がお亡くなりになり、

依然、行方不明の方々が

想像を絶する人数との報道です。


我が町「取手市」をみても

ありとあらゆる被害と混乱が

溢れています。


「伝え方」に誤解を与えてしまうかもしれませんが、

今、自分は何をすればいいのか?

国や行政に求める事より、

自身に何ができるかを考えて

行動することが必要だと思います。


岩沢酒店としても

少なからずの被害をうけました。


でも絶対に負けません。

あきらめません。


負けないでください。

あきらめないでください。


そして、

この大地震で、

絶対に強くなります。

強くなってください。


「不撓不屈」

PageTop

鬼怒川と無念。

blog110308a.jpg

みなさん、

お元気しておりましたか?

毎度毎度岩沢酒店、

ブログホーチャーしんです。


最近、

何を企んでいたかと言うと

「旅行ドッキリ」

です。


とある団体旅行の行先は

「鬼怒川温泉」。

欠席の返事を出していましたが、

現地でみんなを驚かそうと

企んでおりました。


んで当日、

ニヤニヤしながら

特急に乗りこんで、

ドキドキしながら

みんなのいるホテルに侵入。

フロントロビーで

幹事さんと事前打ち合わせ。(幹事も仕掛人)

宴会場に忍び足で移り、

音源・照明・着替え準備OK。

いよいよ・・とその時、

担当の仲居さんが一言。

「みなさん、知ってるみたいですよ!!」


ぷしゅ~終了。


で、何故ばれてしまったのか?


①ホテルに侵入したときに見られていた。

②仲居さんが言っちゃった。

③幹事さんが俺に逆ドッキリを仕掛けた。


正解は・・



②番です。


ホテル側には

「絶対に内緒で!!」

と再三、念を押したのに

仲居さんがみんなに

「遅れてくる方は何時頃になるんですか?」

あ~これはこれはご丁寧にありがとうございました!

その夜、

鬼怒川温泉に

怒った鬼(クレーマー)が

現れたとさ・・。

鬼怒川だ・け・に。


ともあれ、

みんなとバカ騒ぎ、

朝までくっちゃべって、

夜明け前の露天風呂を満喫。

楽しく過ごしてきました。

無念を胸に秘め、

岩沢酒店元気に営業中っす。


今日もポチってね。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop

誘い水とヒロ。


3月です。

ヒロです。

突然ですが、

「誘い水」って知ってます?


公儀では「呼び水」と同義語で、

呼び水とはポンプの水がでなくなったときに

タンク内に満たす水、

または何かの事例のきっかけとなる事柄、

などの意味があります。


今回は「誘い水」のお話。


2004年、

テレビドラマ「世にも奇妙な物語」。

オムニバス形式のなかの一話。

「誘い水」というタイトルの主人公は、

若かりし原田泰造。

主人公は会員制通信販売の

「誘い水」と呼ばれるミネラルウォーターの大変なフリーク。

飲み水はもちろん、

部屋の掃除や、

果ては風呂の水まで誘い水を使うという徹底ぶり。

やがて水が残り少なくなってきた主人公は、

追加の水の注文の電話を何度もかけるが、なかなか届かない。

やがて、電話もつながらなくなる。

水に飢えた主人公は、

会社の住所を訪ねるが、

そこは存在しない住所だった。

焦る主人公・・・。

そして思い詰めた主人公は、

誘い水のボトルに書かれた源泉地をたずねる。

泉に辿りつき、泉に飛び込み狂喜乱舞する主人公。

しかし、泉の水がはげしくうねりだし、

主人公は泉にひきずりこまれてしまう。

それは、水の魔力にとりつかれたものを食らう、

鬼の口だった・・・。


という

ブラック系のお話なのですが。

ゴホン、ゴホン、

そんな怪しげな話をしといて今日ご紹介するのはこちら。

宮崎県は京屋酒造の

芋焼酎「河童の誘い水」

blog101125bb.jpg
芋でありながらとても軽い口当たり、

しかし飲むごとにその甘い風味は広がっていきます。

飲み応えのある芋焼酎・・・

というイメージではないかもしれませんが、

その口当たりの良さから、

和洋問わずお食事と一緒に頂くとおいしさ倍増です。


「河童の誘い水」という名は、

何か意味があるのかと調べてみたのですが、

特に河童の伝承に登場するお話・・・というわけでもなさそうです。

しかーし、

ドラマの誘い水が「鬼の誘い水」なら、

こちらは「河童の誘い水」。

飲むごとに、人を惹きつけてやまない

魔性の魅力があるのは、当店保障済み!

当店は音信不通になったりしませんので、

くれぐれも源泉は探しにいきませんように・・・。



今日もポチってね。

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop