FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

花粉とヒロ。

毎度毎度の

ヒロです。

4月。

3月は大変でしたので

手放しには言えませんが、

入学や入社・・・新生活が始まる季節です。

あらためて新年度がはじまった、という感じがします。


そしてもうひとつはじまるのが・・

くしゃみ、鼻水、鼻づまり・・・花粉症というやつです。


数年前まで、

花粉症というものはテレビや人の話でよく聞くけど、

私は別に・・・ぐらいの認識でした。


それがここ数年、

目はしばしばするわ、

5分に1回は盛大なクシャミが炸裂するわ、

テイッシュを湯水のように使うほど鼻が止まらないわ・・・。

いざ我が身に降りかかると、

確かに難儀なものだとよく分かりました。

それまで何ともなかったのに、

ある年に急に発症するには、

花粉症のメカニズムと大きく関係してるようです。

花粉が目や鼻の粘膜に付着すると、

体外の異物である花粉に対する抗体が体内で作られ、

蓄積されていきます。

それが一定まで蓄積されると、

花粉が粘膜に付着することにより、

抗体が作用してアレルギー反応を起こすようになる・・・という仕組みです。


異物を除去しようと身体が作り出した抗体ですが、

基本的に害のない花粉という異物に対して、

抗体によるアレルギーで本人が苦しめられるというのは、

本末転倒ですな。

人間の身体はよくできてるのかできていないのか、分かりません・・・。

いずれにせよ、

大勢の方が認知されてるかとは思いますが、

自然治癒はほぼ望めず、

専門的な治療か、

あるいは花粉が飛散しだす前に薬などで予防する、

ぐらいしか手はないようです。


ところで当店はもちろん酒屋なわけで、

ここはお酒屋さんのブログなわけですが・・・。

花粉に効くお酒・・・?


そう、

あるんです!!

琉球泡盛
「請福ファンシー」35度
blog110406a.jpg

前もっていっておくと、

沖縄に花粉症はありません。(杉花粉ね)

請福酒造さんも、うちのお酒が花粉にきくなんて!

と寝耳に水のご様子。

しかし、

その確かな効能を調べたクレラップでお馴染みの

呉羽化学工業さんが何と専門の研究チームを発足し、

調査を進めた結果・・・。

何故、効能があるのか結局分からなかったそうな(笑)。

しかし空振りに終わったとはいえ、

大手企業をそこまで動かした確かな効能は話題を呼び、

テレビにも紹介されたりネットで話題が飛び交ったりと、

なかなかの人気のようです。

強いコクなのにまろやかに染みていく、

もちろんお酒としての味わいも一級品。


都市伝説のたぐいなどと思わず、

貴方もお試しになったらいかが?


にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する