FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

テンとヒロ。

こんにちは。

ヒロです。

今日ご紹介するのはこちら。

「タンカレーNO・TEN」
blog110910a.jpg

フゥ、久々の洋酒でございます。

ジンと言えばイギリスですが、

もちろんタンカレーもイギリスはロンドンの蒸留所で造られている一品。

ロンドンっ子なんて、ハイカラじゃぁございませんか!

・・・などと思ってしまうのは、田舎根性丸出しでしょうか・・・。

それはともかく。

創設者の、その名もチャールズ・タンカレー氏が

ロンドンのブルームズベリーに蒸留所を開いたのが1830年といいますから、

200年近い歴史をもつことになります。

脈々と受け継がれてきたタンカレー氏の血脈は、

今でもブランド名として世界中で親しまれているということですな。


当岩沢酒店の血脈も今や3代目となりましたが、

200年後はどうなっていることでしょう・・・。

世界のイワサワグループとかに成長してたら、

その頃はお空に昇ってる我々としては、

お盆に立ち寄るのが楽しみになりそうですな(笑)。


ゴッホン、話が逸れましたが・・・。

タンカレーブランドのなかでも今回ご紹介する

「タンカレーNO・TEN」は、2000年発売という比較的新しい商品。

「ナンバーテン」とは、このお酒を蒸留するのに使われている

小型の蒸留器「タイニーテン」にちなんでつけられてます。

名前のとおり、蒸留所の200年の歴史のなかで10番目に作られた蒸留器であり、

現存するもののなかでは最も古いものだそうです。

風味を保つため、少量づつ4回にわけて蒸留を行い、

香味付けの段階ではフレッシュハーブを使用。

そうして出来上がったタンカレーNO・TEN。

高価なプレミア品であるにもかかわらず、世界中で人気の高い一品です。

際立つハーブの香り、洗練された味と喉越しは

「ナンバー10」じゃもったいないくらい(笑)。

でもいいんです、スマップも歌ってますしね。

ナンバーワンにはならなくてもいい~元々特別な・・・

ナンバー10・・・?

違う気もします、ゴホッゴホッ。





にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する