FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

さようならとありがとう。

毎度毎度しまくって申し訳ありません!!

岩沢酒店です。


気がつけば4月。

新学期です。


桜前線接近中ですが、

今回のよちよちブログ。


どーーーしても、

伝えたい気持ち(私的)があって、

綴らせてもらいます。


・・・・・

岩沢酒店のサラブレッド、

長男のぎん(吟)が舟山保育所に入所したのは、

今から2年と8ヵ月前。

吟が生後8ヶ月でした。


自分も南(妻)も生後8ヵ月の吟を、

家業の事情とはいえ、

保育所に預けて大丈夫か?という心配が

少なからずありました。


入所してから数日後、

心配していた妻から

「吟、保育所が楽しそうだよ!!」

「えっ!なんで??」

「可愛い先生に吟、べったりなの!!」


初めての運動会の時、

妻の差し出す手を払いのけて、

その先生に身を委ねた吟を見たときは

センセーショナル革命でした。


吟が日々成長するに従って、

いたずらやダダを捏ねた時は、

その先生の名前を出すと、

ピタッといい子になるのです。

岩沢家にとって、

その先生は、太陽のような存在といっても

過言ではございません!!


運よく?もちあがりで2年8ヵ月、

その先生に受け持ってもらう事ができました。


もちろん、その先生だけではなく、

他の先生も吟をいっぱい可愛がってくれました。


ただ「吟」にとって、

そして「岩沢家」にとって



その・・「みほ先生」の存在は絶大でした。


先月、みほ先生が退所する事を聞かされた時、

妻と久しぶりに見つめ合い

「ついにこの時がきたか・・」

と静かにうなずき合いました。


みほ先生の最終日に、

何も知らない吟に、

「今日だけはみほ先生から離れるな!!」

「今日は誰よりもみほ先生に甘えてこい!!」

と???の吟を送り出しました。


その日のお迎えにお礼を伝えるつもりが、

さすがに慌ただしかった様子で

「ありがとうが言えなかった・・」

肩をおとした妻が帰ってきました。


その日、岩沢酒店も慌ただしく、

「そうか・・・」

としか言えなく、

その後もバタバタ配達している自分の携帯に妻から


「みほ先生が岩沢酒店にお別れの挨拶にきてくれたよ!!」

エーーーー!!!

慌ててお店に戻るとそこには、

吟をいつものように抱っこしてるみほ先生が!


「あっありがとうございます!!」

40歳も間近のオヤジが気のきいた言葉もいえず、

涙をこらえるのが必死で

頭を下げる事しかできず情けない!!


そんなオヤジを見て、

みほ先生の目にも涙がうっすら・・


本当に本当に、

「ありがとう」が伝えきれず、

このブログをもって、感謝申しあげます。


これからの「みほ先生」の

ご健康とご多幸をお祈りいたします。


さようなら・・みほ先生。

そして

ありがとうございました・・みほ先生。
blog120407a.jpg



今日も元気にポチっとな!!
にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する