FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

正中とヒロ。

ばばんばばん、どうもヒロです。

はてさて今回は。
WP_001226.jpg
「さつま白波 明治の正中 1800ml」

明治の正中。

正中というのはもちろん焼酎の当て字でありまして、鹿児島あたりでは普通に使われてるそうです。

その由来は

焼酎と書くより正中と書いたほうが簡単だから。

というある種潔い理由だそうですが。

まぁ、それはおいといてですね。

明治の正中、その名前のどおり

どんぶり仕込みという明治時代に行われていた伝統ある製法にのっとって造られています。

以前「さつま白波黒」でもご紹介したので覚えてる方もいらっしゃいますかな。

一段仕込みといいまして、原料であるサツマイモ、副原料である米、麹、水を同時に仕込むのですな。

こちらの「明治の正中」も使われている麹は清酒によく使われる黄麹でございます。

一段仕込みは管理を怠ると腐敗したりするリスクがあるために現在では姿を消しましたが

そこは職人のたゆまぬ努力と管理で手間をかけ、上質の焼酎を造りあげているのです。

そうしてできあがる一段仕込み焼酎は

均整の取れたコクと味わい

芋臭さは控えめで、甘みのあるまろやかな舌触り。

手造りだからこそなしえる境地というものはあるものです・・・。

・・・余談ですが、醤油を正油と書くことがあるのも、正中と同じ理由だそうです。

当店も本当は「岩澤酒店」であるべきなところを「岩沢酒店」にしてあるので、まぁ似たようなものですな。

ブログランキング参戦中(^O^)/
おねだりクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する