FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

よっかこうじとヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

いっぽんでーもにーんじん

にーほんでーも・・・???

歌ネタでいこうと思ったのにド忘れしますた。

それはともかく。

泡盛というのは通常麹の仕込み作業を二日かけて行います。

それを手間をかけて3日間で仕込む「三日麹」と呼ばれるやり方もいつぞやご紹介しましたか。

しかーし、今日紹介するのはコチラッ。
写真 (13)
「忠孝 よっかこうじ 43度 720ml」

公式サブタイトル(?)は「常識破り泡盛」。

よっかですよ、よっか。

いち、にい、さん、よっか。

3+1の4であり

5-1の4ですよ!!!

・・・ゴッホン。

名前通り麹を4日かけて仕込みます。

菌から胞子をださないよう見守るため、泊りがけで作業に当たったそうです。

また、古い時代の技術で今は行われていない、「シー汁浸漬製法」を復活。

研究のすえ、その技術こそが発酵をすすめるうえで最も最適だ、と確たる動機をもってのことだそうです。

最新技術の研究のすえたどり着いた結論。

うーむ、考古学に通じるロマンかもしれません。

それはともかく、43度という度数には思えないほど、果実味を感じる甘い香り。

口当たりも度数のわりにはマイルドで、洋ナシのようなフルーティーな甘さ。

これだけ香り高いのに、新酒。

香味成分を最大限に引き出す製法、だそうです。

うーむ、飽くなき追求心、頭が下がる思いです。

スーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人を超えた、最強のスーパーサイヤ人3みたいなものですか(なんのこっちゃ)

い、いかん、3ではなく4だった・・・(爆)。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する