FC2ブログ

取手市の岩沢酒店よちよちブログ。

茨城県は利根川流れる取手市にある小さな酒屋です。

カップビジンとヒロ。

おこんチャァァァアァァ、ヒロです。

・・・突然ですが、カップ酒ってみなさんどんなときに飲みます?

腰をすえて飲むなら一升瓶や4合瓶で・・・という方は多そうですが

カップ酒となると

普通に晩酌で?

適量計りながら飲めるので、便利ですね。

それとも出先で?

旅先で車窓をながめながら、なんてのも乙ですね。

いずれにせよ、今日ご紹介するのはこちらなのであります。
WP_001290.jpg
「紬美人 カップビジン 180ml」

ツムギビジン、カップビジンとビジンを2回言うこの強調っぷり。

大事なことなので3回言いたいところですが、2回でよしとしましょう。

・・・はてさて。それはともかく。

紬美人シリーズといえば、われ等茨城の雄、常総市の野村醸造様の一品。

カップ酒なので普通酒ですが

旨みやコクといったものより前面にでる淡麗辛口のキレのいい味わい。

舌がピリピリするぐらいの辛口ですが、飲みやすくもありどんどんいけてしまいます。

出先でも晩酌でも気軽に飲めてしまうのがカップ酒のよいとこでありますな。

何本も空けて、飲みすぎには注意でありますが・・・。






PageTop

花見とヒロ。

おこんチワワ、ヒロです。

3月といえば、さすがに春でございます。

とはいえ、花見は若干気が早いですが・・・。

それでも今日ご紹介するのはこちら。

「さくら酵母使用 来福 720ml&1800ml」
WP_001077.jpg
新潟発の酒造好適米の五百万石を100%使用。

しばれる地方から春を知らせにやってきたそのお米を仕上げるのは、来福酒造様の18番、花酵母。

さくらから抽出されたさくら酵母。

春限定で出荷されるピカピカの新酒でございます。

一見中身も桜色のようですが、これはボトルが淡いピンク色のためで、中身はうすにごりのお酒。

ほのかに甘い香りがしますが、それほど主張しない感じ。

しかし旨みは骨太で、しっかり舌にのってきます。

新酒ならではのフレッシュな味わい。

まさに花見をやるために生まれてきたようなお酒じゃあーりませんか。

BGMはケツメイシの「桜」かコブクロの「桜」か迷うとこです・・・。

ブログランキング参戦中(^O^)/
お情けクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop

来福とヒロ。

おこんちワンダホゥ、ヒロです。

大変。

長らく。

お待たせしましたパチパチパチ。

当店の清酒部門のホープ、来福シリーズ。

今回も無事入荷。

「来福 純米吟醸 山田穂」4合瓶と一升瓶。

「来福 純米吟醸 つるばら」おなじく4合瓶と一升瓶。

そして大好評、酒粕。

パチパチパチパチ。

ちなみに「つるばら」というのは酵母の名前でして、使われているお米は愛山でございます。

焼酎や泡盛もいいですが、ジャパニーズSAKEといえばやはり日本酒なのでして。

やわらかな香りと味わい深い風味。

今宵は来福で一杯やられてはいかがでせうか。

さてさて、強風吹きすさぶなか

今日も今日とても当店代表シン・イワサワは市民会館にてひな祭り運営に右往左往。

あまりに風が強すぎるので今頃房総半島ぐらいまで飛ばされてるやもしれません・・・。

合掌。

じゃなくて無事を祈りつつ・・・。

ブログランキング参戦中(^O^)/
お情けクリックお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村


PageTop

両関とヒロ。

おこんちわ、ヒロです。

一口に「酒」と言いますと

正しい日本語としては、基本的には日本酒のことを指します。

「日本」酒なんてわれ等が国家の名前が大々的にはいったこのお酒。

その名のとおり製法も風味も日本独自のものであります。

海外でも「SAKE」で通ってるくらい、日本を代表するお酒なのでありますなぁ。

そんなわけで今日ご紹介するのはこちら。
WP_000925.jpg
「両関 朱紋辛口 1800ml」

100年以上の歴史をもつ、秋田県の両関酒造さん。

創設者伊藤仁右衛門の子孫様が歴代社長を務めている由緒正しき酒蔵です。

その社名をそのまま冠した両関シリーズの一つ。

お求めやすい普通酒でありながら、その香りは純米酒と比べても遜色ないぐらい。

メリハリのきいた、スパっとキレのいい喉越しで、お手軽に本格的な味が楽しめます。

まさに日本酒界のチリワインやでぇ~。

・・・ゴホン。

時に、ジャパニーズSAKEは、昨今海外で広まりつつあるのに比べ、肝心の国内では年々消費が減少傾向にあるようです。

ビールもワインも焼酎も確かに美味しいですが、「お米大国」の真骨頂である日本酒、この機会に見つめ直してはいかがかな?


ぽちっとな!!
にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop

なでしことヒロ。

こんにちは、ヒロです。


ワールドカップに続き、

オリンピックでも世界トップクラスの成績を残したなでしこジャパン。


男子サッカーもアジア最強の一角と呼ばれ、

欧州の一流レベルの国と同等の力をもつとも言われてますが・・・。


女子サッカーは相対的に見てもうひとつ強いかもしれませんな。


それはともかく。


なでしこジャパンからあやかって今日ご紹介するのはこちら。
blog2012920a.jpg
「来福 なでしこの花酵母 純米吟醸」

酵母は自然界の様々なものから抽出、分離ができますが、

昨今注目されはじめている花酵母。


以前もご紹介しましたな。

酵母は抽出元の素材から特徴も色濃く引き継ぎます。

花酵母は主に香りづけによいとされてますが、

その中でもっともその特徴が強かったなでしこの花酵母を使用。


酒造好適米の王様、山田錦を用いて仕上げられた一品。

なでしこ酵母で作られたお酒は全国でも数えるほど、

茨城県内ではこの来福さんだけです。


まるで大吟醸のような華やかな香りと、

やさしい口当たりのなかにもしっかりとした味わい。

まさになでしこの名に恥じぬ一品と言えましょう。


・・・ところで。

女子サッカーは男子と大きく違い、

その王者は何とアメリカ。


アメリカとサッカー・・・

ううん、イメージが結びつかない。

個人的にはマイ7不思議(?)の一つであります。




今日も元気にポチっとな!!
にほんブログ村 酒ブログ 酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 取手情報へ
にほんブログ村

PageTop